太陽光発電メンテナンス・O&M業者を徹底比較

太陽光発電O&Mとは?

太陽光発電のデメリットとは?コストが高い?

太陽光発電には環境に優しいなどさまざまなメリットがありますが、デメリットも存在します。導入を検討している場合はリスクを知っておくのも大切でしょう。この記事では、太陽光発電のデメリットについて紹介します。

設置を導入するコストが高い

太陽光発電の導入には、高額な費用が必要です。太陽光パネル本体の他に、機材の料金や工事費がかかります。特殊な機材を用いたり、専用の部品を取り付けたりする場合は、さらに費用がかかるでしょう。一般家庭で太陽光パネルを導入する場合でも、100万円ほどが必要といわれています。高額な費用を貯金だけでまかなうのはとても大変です。ソーラーローンを利用して初期費用を抑えても、返済をしていかなければなりません。ローンを利用した場合は金利も発生するため、支払う金額も増えてしまいます。設置する際にかかる費用は太陽光発電の規模によって異なります。規模を大きくするほど支払う総額は高くなりますが、太陽光パネルの価格や工事費の単価は下がります。そのため、土地を有効に活用したいときなどは導入しやすいでしょう。

初期費用を回収するまで時間がかかる

太陽光発電では余った電力を売却できるため、すぐに初期費用を回収できるようなイメージがありますが、実際は時間がかかります。短期間で費用を回収したい人には向いていないでしょう。一般的に、初期費用を回収し終わるまでの期間は7~12年程度といわれています。実際に回収を終えるまでの期間は、太陽光パネルの大きさや発電効率によって異なります。また、設置する方角と日照時間でも発電量に差が出ます。費用を回収後は支出がなくなり、電力の販売による利益が生じます。初期費用の回収に時間はかかりますが、その後の期間は利益が出る仕組みです。

天候の影響で発電量が左右される

太陽光発電は日光が当たっているときのみ発電を行います。そのため、夜間などパネルに光が当たらないときは発電ができません。太陽光パネルの上に雪が分厚く積もった場合も日光が遮断されるため、発電が不可能です。また、雨・曇り・雪の日は日光の量が少なくなるので、発電量も低下します。真夏はパネルの温度が高くなって、発電のパフォーマンスが落ちてしまうことがあります。季節によっても発電量は異なるため、太陽光による発電は不安定といわれています。

売電価格は年々下がっている

発電して余った電力を売却できるのが、太陽光発電の魅力です。しかし、売電価格の金額は、年々下がってきています。太陽光発電の普及が進むと同時に、導入費用も低下しているためです。いずれは電力の買い取り価格が電気料金を下回る可能性もあります。その場合、電力を売却するよりも自宅で消費した方が節約につながるかもしれません。長期的な使用を検討している場合は、電力を売却する目的ではなく、消費する目的で導入するとよいでしょう。

発電できる量はどのくらい?

発電できる量は、太陽光発電が導入されている状況で大きく異なります。例えば、太陽光パネルの設置枚数・発電効率・設置場所などです。設置されているパネルの枚数が多いほど、発電可能な量も増えるでしょう。太陽光のエネルギーを電気エネルギーに変換する効率は、パネルのメーカーや種類によって違いがあります。そのため、発電の効率が高い太陽光パネルほど、発電できる量が多いといわれています。発電量は使用を続けていくうちに大きな差が出てくるため、太陽光発電の機種を選ぶ際にはしっかりと確認が必要です。

補助金・関連法などの手続きが大変

太陽光発電を導入するときには、自治体が行っている補助金・助成金制度の利用が可能です。受け取れる金額は自治体によって異なり、発電量が基準の場合もあれば、工事費が基準となっている場合もあります。初期費用を抑えるには効果的ですが、制度を利用するには工事の前に申請を行わなくてはなりません。補助金・助成金を受け取るまで工事を進められないため、工事期間が延びてしまうケースもあります。また、産業用の太陽光発電システムを導入する場合は、専用の手続きが必要です。(※4)業者が代理で申請を行うサービスもありますが、追加の料金が発生します。

施工業者とメンテナンスはとても重要

 施工業者は、太陽光発電の設置を行う業者です。太陽光発電を長く使用するためには、良質な施工業者を選ぶ必要があります。施工業者を判断する基準は、太陽光発電の施工実績・各種保険・メンテナンスなどのサービスの有無です。中でもメンテナンスは、その後の使用状況を左右する重要なポイントになります。不具合が起こってもすぐに修理を依頼できる業者がいれば、安心して使用できるでしょう。太陽光発電は長期間の使用に適した発電方法です。そのため、アフターサービスなどが充実している信頼できる施工業者に設置を依頼しましょう。

太陽光発電メンテナンス、O&M業者の比較ページはこちら


更新日:2018.03.12太陽光発電O&Mの基礎知識 

「太陽光発電O&Mの基礎知識」の最新記事

もっと見る