太陽光発電メンテナンス・O&M業者を徹底比較

太陽光発電O&Mとは?

【用語集】「太陽光発電システム」ってどんな仕組み?分かりやすく解説

太陽光発電システムに関する解説

太陽光発電システム(Solar photovoltaics略してPV)とは、一般的に太陽のエネルギーを電力に変換するために必要な「太陽電池」と周辺設備を組み合わせてシステム化したものを「太陽光発電システム」と呼びます。このページでは、太陽光発電システムについて、厳密すぎる説明で途方に暮れてしまわないよう、必要な知識をほどほどに端折りながら分かりやすく解説します。

住宅やビルの屋上に太陽光発電システムを設置する場合、電力会社の送電網と接続(系統連系)することで、余った電力を電力会社へ送電(逆潮流)して電気を買い取ってもらいます。<また、曇りや雨の日、夜間など太陽光発電で使用電力をまかなえない場合は、従来通り電力会社の電気を使います。電気の売買は自動的に行われるので、切り替えや操作は必要ありません。

【太陽光発電システム構成】

太陽電池モジュール(太陽光パネル)

太陽電池は、太陽のエネルギーを吸収して直接電気に変えるエネルギー変換する装置です。
シリコンなどの半導体で作られており、太陽の光エネルギー強度に比例して発電します。

太陽電池は「セル」「モジュール」「アレイ」から構成されています。
「セル」太陽電池の基本単位で、太陽電池素子そのものをセルと呼びます。
「モジュール」セルを複数枚並べて、屋外で利用できるよう強化ガラスなどで保護し、  パッケージ化したもので、太陽光パネルとも呼ばれます。
「アレイ」モジュール(パネル)を複数枚並べたものをアレイと呼びます。

パワーコンディショナ(パワコン)

太陽電池モジュールで発電した直流電力を家庭環境で使用できるように交流電力に変換するための装置です。

接続箱/集電箱

太陽電池モジュールからの直流配線を一本にまとめ、パワーコンディショナーに送るための装置です。接続ユニットとも呼ばれます。

架台

住宅やビルの屋上に太陽電池モジュールをする場合、その土台となる台座やフレームのことです。

電力量計

電力会社に売った電力や、購入した電力を計量するメーター。売電用と買電用の2つの電力量計が必要となります。

系統連系

太陽光発電システムを電力会社の配電線に接続して運用する方法です。

逆潮流

系統連系する太陽光発電などの自家用発電設備から、電力会社の配電線(商用系統)へ電力が流れることです。

太陽光発電システムの事故や故障、不具合の事例はこちら

太陽光発電メンテナンス、O&M業者の比較ページはこちら

 


更新日:2017.12.07太陽光発電に関する用語集 

「太陽光発電に関する用語集」の最新記事

もっと見る