太陽光発電メンテナンス・O&M業者を徹底比較

太陽光発電O&Mとは?

太陽光発電の発電量や発電効率は?メンテナンスは必要?

太陽光発電の導入を考えているとき、発電の量や効率は確認すべき項目といわれています。また、使用を続けるには検査などのメンテナンスも重要なポイントです。ここでは、太陽光発電の発電量や効率、メンテナンスについて紹介します。

太陽光発電システムの発電量は?

太陽光発電システムを運用する際、まず把握しておきたいのが発電量です。一般家庭に設置する場合は、3~5kW程度が発電できるソーラーパネルが多いとされています。10kW以上のソーラーパネルは、産業用として分類されます。発電量の詳細は設置されている状況によって異なりますが、発電量が1kWのパネルであれば1枚あたり年間1000kWhといわれています。一般家庭で消費する電力の平均は1年で5500kW程度です。そのため、太陽光発電システムを導入すれば、電力の大部分をまかなうことが可能でしょう。

発電量は気候や季節と関係する?

太陽光発電システムは太陽光がエネルギー源なので、発電量は気候や季節の違いで大きな差があります。そのため、発電量は一定ではありません。晴れの日は太陽光がしっかりとパネルに当たり、効率よく発電ができます。曇り・雨・雪の日は太陽光が少なくなるので、発電量は低下するでしょう。雪がソーラーパネルに積もって光が届かなくなった場合は、発電ができなくなってしまいます。また、太陽光発電システムが高温になると発生するのが、発電効率の低下です。真夏は気温が高くなるため、発電効率が落ちてしまうでしょう。発電するときの気温は低い方がよいといわれています。

ソーラーパネルの性能とは

ソーラーパネルは太陽光発電システムの中で、太陽光を受けて発電する重要な役割を担っています。ソーラーパネルを選ぶときには、機種ごとの違いをよく確認するとよいでしょう。ソーラーパネルの性能をチェックする際に判断の目安となるのが、変換効率です。光を電気に変換する効率を表し、単位は%で表示されます。変換効率の数字が大きいほど発電しやすく、性能がよいでしょう。販売されているソーラーパネルの変化効率は一般的に10~19%といわれています。変換効率のよいソーラーパネルは高価になりがちですが、発電量を多くしたい場合におすすめです。

ソーラーパネルの設置に適した場所は?

太陽光発電システムの設置に適した場所は、太陽光が多く当たる場所です。太陽光が当たりやすい真南に設置し、30度の傾斜をつけると理想的といわれています。ソーラーパネルに陰がかかったり、太陽光が当たりにくい北側に設置したりした場合は発電量が大きく低下することがあります。また、ソーラーパネルを水平に設置した場合も発電効率は低下するとされています。そのため、ソーラーパネルを設置する場所の角度や方角には十分に気をつけましょう。

設置するときに注意しなければならない地域がある

太陽光発電システムを導入する地域の特性によっても、発電量に違いが出るでしょう。台風が多く通るなど、雨や曇りが多い地域では日照時間が少ないため、発電量も少なくなる可能性があります。(※1)また、豪雪地帯の場合はソーラーパネルに雪が積もりやすいため、発電量がさらに低下してしまうかもしれません。住宅の屋根にソーラーパネルを設置しているのであれば、雪をおろす作業も困難です。太陽光発電システムの導入を考えた際は、地域の特性をよく検討しましょう。

表面の汚れで発電効率が低下する

ソーラーパネル表面の汚れも、太陽光を受けられないため発電効率が低下する原因のひとつです。通常は雨で汚れを流す仕組みになっているので、洗い流しやすい汚れであれば、特別な手入れを行う必要はありません。しかし、水の流れで落ちにくい花粉・黄砂・鳥の糞などが付着して蓄積すると、発電効率が低下する可能性があります。また、ソーラーパネルの角度によっては雨が流れにくく、付着した汚れが落ちきらないこともあります。(※2)汚れによる発電効率の低下を防ぐには、太陽光発電システムのメンテナンスを行っている業者に依頼して、清掃をしてもらうとよいでしょう。

発電量の低下を防ぐために定期的なメンテナンスを行おう

ソーラーパネル表面の汚れも、太陽光を受けられないため発電効率が低下する原因のひとつです。通常は雨で汚れを流す仕組みになっているので、洗い流しやすい汚れであれば、特別な手入れを行う必要はありません。しかし、水の流れで落ちにくい花粉・黄砂・鳥の糞などが付着して蓄積すると、発電効率が低下する可能性があります。また、ソーラーパネルの角度によっては雨が流れにくく、付着した汚れが落ちきらないこともあります。(※2)汚れによる発電効率の低下を防ぐには、太陽光発電システムのメンテナンスを行っている業者に依頼して、清掃をしてもらうとよいでしょう。

太陽光発電メンテナンス、O&M業者の比較ページはこちら


更新日:2018.03.12太陽光発電O&Mの基礎知識 

「太陽光発電O&Mの基礎知識」の最新記事

もっと見る