太陽光発電メンテナンス・O&M業者を徹底比較

太陽光発電O&Mとは?

JPEA提唱の太陽光発電で使用済太陽電池を適正処理するガイドライン

太陽光発電システムは設置数が増えていますが、それに伴う使用済太陽電池処理の対策が求められています。一般社団法人太陽光発電協会 (JPEA)は、環境に配慮し有害な物質を適正に処理するための情報提供を呼びかけるガイドラインを発表しました。詳しい内容や目的などが普及していくことで、使用済太陽電池に関する正しい情報提供が行われていくことでしょう。

ガイドラインの適用範囲は?

太陽光発電で使用済太陽電池を適正処理するためのガイドラインの内容について理解しておきましょう。一般社団法人太陽光発電協会 (JPEA)が発表したガイドラインが適用される範囲は、日本国内に出荷された「太陽電池モジュール」です。太陽電池モジュールはソーラーパネルと同じ意味で、セルの種類は問われないものです。(※1)ただし、架台やパワーコンディショナ、分電盤、蓄電池など付属するものは含まれません。

目的を知って適正な処理を!

急激に増えている太陽光発電の設置では、設置量に比例し使用済太陽電池の処理量も増えていくことが予想されます。総務省の調査では、地方自治体や産業廃棄物処理業者などからの適正処理に関する情報提供を求める声が多いとされています。そのため、2017年12月にJPEAは使用済太陽電池の廃棄に関し事前の対策が必要とし、使用済太陽電池を適正処理するための情報提供を推奨するガイドラインを公表しました。このガイドラインは、太陽電池モジュールの製造業者や販売業者などが情報を提供し、処理業者が適切な処理を行うことを目的としています。使用済太陽電池のリサイクルに関しては技術革新のための研究も進められていますが、現状では各事業者が適正に処理することが重要な対策になっています。JPEAが示したガイドラインには法的な強制力はありませんが、有害物質の処理を正しく行うことで環境に配慮できるでしょう。

ガイドラインの用語と定義を覚えよう!

ガイドラインを理解するために、文中で使われている用語や定義を覚えておきましょう。まず、「太陽電池モジュール 」とは、屋根などに取り付けられる構造の太陽電池のことです。簡単に設置して利用できるようにフレームなどが付いていますが、屋根と一体になったタイプなどの特殊なものもあります。 「フレーム」は一般的にはアルミ合金製で、取り付けに使用される「ネジ」はステンレス製です。接続するための「ケーブル」には防水コネクターが取り付けられています。太陽電池モジュールからフレームやネジ、ケーブルを取り外したものを「ラミネート部 」といいます。

情報提供すべき物質の種類と閾値について

ガイドラインで推奨されている情報提供は、鉛・カドミウム・ヒ素・セレンの4つの物質に対して求められています。これらの化学物質は環境に有害であるとされ、太陽光発電モジュールの種類などからそれらの物質の含有量が算出されます。含有率基準値は鉛0.1wt%、カドミウム0.1wt%、ヒ素0.1wt% 、セレン0.1wt%です。物質の「閾値(しきち・しきいち)」とは、反応が起こる最小の値で刺激値のことです。(※2)ガイドラインでは、使用済太陽電池に含まれる有害物質の閾値として示された、各有害物質の含有率基準値を超えた場合には表示することが推奨されています。

ガイドラインで示されている情報提供の方法は?

指定の化学物質に対する情報提供の方法として、JPEAはガイドラインの中で各事業者のホームページで表示するよう求めています。新製品や2012年度以降に出荷した製品が対象で、「製品型式名」と物資名、含まれる部位を記載する必要があります。また、化学物質の含有量が基準値以下の場合には、その旨を記載しても良いとしています。化学物質が含まれる使用済太陽電池には、環境へ及ぼす影響など正しい知識の普及や対策が求められます。各業者はガイドラインに沿って使用済太陽電池を適正処理することが大切です。JPEAが公表したガイドラインは、環境へ配慮するための情報提供を呼びかけるものとして活用されていくことでしょう。

適正な対処ができる太陽光発電O&M業者を選ぼう!

太陽光発電のO&Mは、定期的なメンテナンスや電力の供給状態が安定しているかを適正に行うサービスです。また、太陽光発電O&M業者は緊急時の対応なども行っています。太陽光発電O&Mは、車なら車検のように欠かせないものです。ですから、太陽光発電業者を選ぶに際にはJPEAのガイドラインに沿った情報提供をしているか、適切な対応ができるかなどを目安にしっかり選びましょう。

太陽光発電メンテナンス、O&M業者の比較ページはこちら


更新日:2018.02.06太陽光発電O&Mの基礎知識 

「太陽光発電O&Mの基礎知識」の最新記事

もっと見る